2018年05月10日

異文化交流



UABとやらに人生初参加して参りました!

UABってカマホモクイックだのスポーツだのと言われてますが、何にせよ一発当てれば勝ち、当たれば負け。
「あいつらとはサバゲ観が違うから~」やら「俺らそういうんじゃないし~」とか、馬鹿にして勝てないことを正当化してる感がありません?

どう戦おうがヒットされたら負けなんですよ。
勝てば官軍、負ければ賊軍。

泥臭いミリタリー要素が好きな自分にはスポーティーな雰囲気がどうもしっくりこないし、スポーツサバゲなんぞ絶対やらぬって思っていたのも事実。

でもUABをやりこんでいる人たちはバリケ戦は間違いなく上手だし、その戦い方は普通のサバゲでも活かせると思ったわけですよ。

前置きが長くなりましたがそんなわけで行ってきましたUAB!

感想は「バリケ戦でUABゲーマーに出会ったら逃げるわ(笑)」て感じです。

ちなみに今回やったのは5m四方くらいのエリアで1対1で戦う練習会。
スタートの合図で突然始まる撃ち合い。バリケ戦のファーストコンタクトな感じ。

とにかく薄い!速い!上手い!

銃口と目しか見えないくらい薄い。
一瞬パッと出てきたと思ったらはみ出てる部分をピンポイントで撃たれる。

無駄に撃ち合わずささっと回り込んだり、真正面からもぐら叩きで撃ち合ったり、普通のフィールドのバリケ戦に活かせる要素はたくさんありますわ。

1ゲームも数秒、長くても3分くらいで終わるのでとにかくガン回し。

待ってる間には参加者同士で姿勢チェックしあったり、スイッチの練習したり。

例えるなら剣道の掛かり稽古。
バリケ戦の掛かり稽古です。

あれは絶対数上手くなる。
今回は1対1でしたが、今度は3対3、5対5でやってみたいところ。その方がフィールドのバリケ戦により近いんじゃないかなと。

スタイルにこだわってばかりいるより、いろいろやってみた方が上手くなる。

でも…、やっぱり自分はミリタリー要素のあるサバゲが好きですわ(笑)  

Posted by 鎌ノ介 at 06:57Comments(5)

2018年03月15日

クラシックアーミー M24




本日はクラシックアーミー製M24について。

バレル及びホップパッキンはマルイ電動互換。
ピストン、シリンダヘッドはAPSシリーズ互換。
トリガープルもとても軽くてスムーズ。
アウターとレシーバーが一本モノで剛性も半端なく精神衛生にとても嬉しい仕様。
などなど、至れり尽くせりでカスタムするにはうってつけのライフルなのに何故か人気はない。

某店でマルイエアコキG3くらいの特価で売られてた不憫な子。

たぶん見た目に反して96並みに重いのと、ショートアクションだから不人気なのでしょう。
マクミラン様全盛の昨今、M24自体が今更感否めないし。

でもまぁシンプルなデザインで良いですよね。

ちなみにマガジンはAPS-2互換かと思いきや、リップが僅かに長くて合わず。
わざわざAPS-2のマガジン加工するくらいならクラシックアーミーの専用マガジン買う方が手っ取り早い。

とりあえずM24の所有欲を満たしてくれる素敵なライフルなのて、M24好きにはかなりオススメです。  

Posted by 鎌ノ介 at 07:23Comments(0)ボルトアクション

2018年03月14日

3月14日の記事



最近ちょっと思うことがあるんですけどもね、

ボルトアクション=ロマン=使えない

これやめましょう。

ボルトにはロマンがある。それはわかる。超わかる。

でも、使えないんじゃなくて、使えてないの間違いじゃないですかね。

幾多の通称「ロマン武器」がありますが、使えてないだけなんじゃないのかと。

前にも何か書いた気がするけど、ロマン武器だからヒット取れない。ロマン武器だから戦えない。

それただの言い訳。

ロマン言い訳にして逃げてるだけ。

使えないなら使えるように努力しましょう。

努力しないで鉄砲のせいにするのは簡単。

たかが趣味に努力するのもアホ臭いと思うならそれはそれでいいと思います。
趣味は楽しくやってなんぼですからね。

でも、ボルトを使えるようになったら今までより更に楽しくなる。それだけは言っておきます。

どう使えば戦えるのかいろいろ考えて工夫してみれば、ロマン武器でも十分戦えるはず。

そうしたらロマンって馬鹿にしてた鉄砲でも、実用性もあってロマンもある最高の鉄砲になると思うんですが。  

Posted by 鎌ノ介 at 13:18Comments(0)

2017年06月01日

捻挫

近頃すっかり暑くなり、いよいよ本格的なサバゲシーズン到来ですね!

フィールドはブッシュが繁り、ガスもガツンガツン動く楽しい季節です。

しかしながら自分は先月仕事中に足首を捻りまして。

半端ない激痛で受診してみたら靭帯が切れかけてると。

仕事も立て込んでるしで通院面倒くさがってテーピング固定だけしてましたが、治りの遅いこと遅いこと。

小走りくらいならできる程度に回復しましたがいつもの走りには遠く及ばず。
ちょっと無理してサバゲに行っても中途半端なスタートダッシュしかできずめちゃくちゃストレス。
暇をもて余して鉄砲いじっても使う人間がポンコツじゃあ意味がない。

やっぱ怪我や病気すると本当に良いことないですね。
傷害保険でお小遣い稼ぎする人なんかもたまにいますが金より健康ですよ。

治りが遅れてるせいでできない仕事もあるし、無理をして仕事するくらいなら無理して時間作って通院して、さっさと治したほうがまだマシです。

フィールドで初心者さんなんかはよく普段履きのスニーカーや素手でゲームしてるのを見掛けますか、多少お金かかっても怪我の予防が一番大事ですよマジで。
怪我すると何も楽しくないですからね。
せっかくの休日を楽しむためにも怪我だけは気を付けないといかんですね。


特に足の怪我はマジ不便!  

Posted by 鎌ノ介 at 14:57Comments(0)

2017年01月03日

謹賀新年



ご無沙汰しております。鎌ノ介です。

しばらく出張していましたが昨年暮れにようやく帰還した次第。

サバゲにもようやく復帰できましたゆえ、また少しずつ更新していきたいと思います。
  

Posted by 鎌ノ介 at 14:36Comments(0)

2016年03月13日

近況

ご一緒した方々の鉄砲。





EBR、DMR、G28、M40A3、type96、type96。

濃い…。  

Posted by 鎌ノ介 at 11:50Comments(0)

2016年01月18日

type96三号機、クラウディアさん。

どもども。面白いじられスナイパー、鎌ノ介です。

ついにAA12が発売されましたね。

世間様はどこもかしこもAA12です。

フィールドで見ましたが独特の発射音とステキ弾幕で面白いですね。

自分は相変わらずボルトで細々一発ずつ撃ってますがね。



さて、昨年部品取りに購入したtype96。

ついこの前気付いたんですが、これアウターバレルがねじ込み式ではなく差し込み式の新ロット。

せっかくなんで前々から気になっていたこのチャンバー試すついでにゲームで使うことにします。



PPSのtype96用チャンバー。

これはマルイ電動バレルが使えるようになるチャンバーです。

他にPDIやライラもありますが、スプリングとOリングで圧せられたアームをイモネジで突き上げて調整するめんどくさ構造。

PPSのはマルゼン純正チャンバーの調整パーツを使い、アームの可動域を直接調整できるシンプル構造。


ほんとはエンターブレインのが欲しかったんですがね。今となってはまずお目にかかれません。
マルイ96用のフルートバレルといい、ステキなパーツ作ってくれるメーカーさんです。再生産求む。

さて、PPSチャンバーですが、マルゼンtype96に組み込むとスカスカ。アウター内でかなりカタつきます。
セロテープ4巻きでやっとややきついくらいに。

更にマルゼンのノズル以外だとチャンバーに入らないという罠。

ちなみに、9年前に購入したtype96一号機のノズルも入りませんでした。

シリンダヘッドはノーマルのままでスプリング、ピストンを交換したいところですが、シリンダヘッドに分解防止加工がしてあるので流用もできず。

これは困った…。何か考えなければ。

とりあえず今はお化粧だけ…(笑)
  

Posted by 鎌ノ介 at 23:31Comments(6)type96

2016年01月10日

サバゲのポジション(その3)

どもども。久しぶりの更新です。貯めてる記事はあるんだけども出し時を逃して今に至ります。

気付けばシリーズ化している本記事。
終わらすタイミングを図りつつまだまだぐだぐだ進みます。


LMGやボルトを持った自称ミドルアタッカー、たくさんいますよね。

でもLMGもボルトもスタートダッシュかましてこそだと思うのです。

敵のダッシュを止めるなら弾幕の張れるLMG。
味方の前進支援は会敵と同時に敵の頭を抑えてこそ。

ボルトなら敵が来る前に獲れるポジションを取らないと。
至近で会敵してもスナイパーなら位置を悟られずに殺れるはず。

各々が使いたい得物を使って、各々なりに楽しむのがサバゲだとは思います。

でもですね、他の人が楽しんでるのを後ろから邪魔するのはいかんですよ。

「俺が支援するからがんがん進んでくれヒャッハァ!」って勝手に味方の後ろから勝手にばらばら撃ったりとか。

知らない人同士で連携取るのもサバゲの醍醐味。
そこから始まる新たな友情!!
『友情!努力!制圧!』いいですね!!ステキな響きです!!全国の男の子(女の子も)が大好きな要素が詰まってます。

だからミドルアタッカーなんて辞めて、みんなで連携取ってがんがん前に進みましょう。

一緒に前進した仲間はお互い覚えてるものです。
また別の日にフィールドで再会した時の喜び。

あの時共に敵を仕留めた仲間が今度は仕留め仕留められるライバルに。

それはミドルアタッカーでは得ることのできないかけがえのない友情!

その時、そこで会うのはただの「顔見知り」ではなく「戦友」です!!



一体俺は何を言ってるんだ。



まぁ要するにミドルアタッカーやるよりアタッカーやった方が楽しいゲームができて楽しいお友達が増えますよって話です。

味方とわっちゃわっちゃやって攻めてると気付けば顔見知りが増えて、単独参加しても知り合いに会うこともしばしば。

ほぼほぼ単独行動な自分が言っても説得力ないっすけど(笑)

でもフィールドに行くと大抵知り合いがいるっていう行きつけの居酒屋感がまた楽しい。

後ろで寂しく誰にも必要とされてない自称・前進支援するくらいならみんなで楽しく前線上げましょ。  

Posted by 鎌ノ介 at 22:44Comments(0)サバゲ

2015年08月31日

ギリー3着目

800円という価格に釣られ、FLCのウッドランドを何となく購入。

これに偽装網を丁度良いサイズに切り取ってベストに結びつけます。

あっという間にギリーのベースが完成!!



今使っているギリーはかなり色落ちしてしまったので、これは濃い目に染めて来年の春夏用にします。


  

Posted by 鎌ノ介 at 12:48Comments(0)装備

2015年08月14日

サバゲのポジション(スナイパー編その2)

某軍曹とサバゲを初めてから早1年…。

それ以前より格段にレベルが上がったと実感しています。

狙撃が楽しすぎてもはや電動ガン持って大好きなSEALs装備でゲームしていないのが悩みではありますが…。

まぁとにかく久しく更新していませんでしたが、ゲームには細々と参加しております。

最近本当に思うのはスナイパーはスタートダッシュが肝心。

ダッシュの速さが雌雄を決すると言っても過言ではないくらいに。

とにかく相手が前線に着く前に良いポジションを確保して、予想外のポイントからこっそり撃つのが吉。

敵アタッカーと味方アタッカーの中間地点とか、敵がスルーするくらい敵側に近い所とか、敵が「ここまでは来てないだろう」と思うポイントまで走り込むのがポイント。
とにかく敵が安全地帯だと思ってる所に先に潜むわけです。

あとはボルトの静穏性を活かして後ろのアタッカーから撃ってやれば敵はどこから撃たれたかわからないっつー寸法ですよ。

とにかくスタートは走って走って走りまくる。
足は速いにこしたことはないのですよ。

走りすぎたと思うくらい入り込んでも、予めしっかりポイントを偵察しておけば、上手く隠れてやれば5mでも気づかないもんです。敵は「こんなところに敵がいるわけがない」って頭でいるわけですから。

そういう戦いかたばかりしてると直進飛距離40m、0.2弾で初速90m/sもあれば十二分で、結局30m以内の精度を求めるようになります。
20mで40mm当てられるライフルならバリケの隙間とかも撃てますし。

やむを得ず40m以上撃つ時もありますが、ミルドット使って曲射でなんとかなるし…。

スナイパーライフル=長射程って思い込んでるからボルトでヒットが取れないんじゃないかと思うわけです。
(逆に、敵がそう思い込んでくれるから仕事しやすいんですけど(笑)

スナイパーライフル=静かに精密射撃って考えれば何となく立ち回り方が見えてくるんじゃないかと。

だからアタッカーでばりばり走り込む人こそ、ボルトライフルを使えば強いんじゃないかと思うわけですよ。

ケツにくっついて回ってる人は結局何使ってもダメなんですよ。

スナイパー=後方なんて考えはサバゲでは存在しないのです。  

Posted by 鎌ノ介 at 00:45Comments(2)サバゲtype96

2015年06月26日

およよ!?



高砂あられの缶から発掘されたマルゼン製イングラムのアラレちゃん。

以前書いた通りマズルが捻り切れております。

そして本日、赤羽にてジャンクのイングラムを1500円にて入手。

このジャンク品、なんと金属マズル仕様!!

金属マズルの値段でジャンク本体もついてくるんだから買うしかない!

そしてジャンクのマズルをアラレちゃんに取り付けこの通り!!



専用サプレッサーもガチガチに固定。


ちなみにこのイングラム。かなーり久しぶりに試射したらホップが全く掛からず0.2g使用の15m先ですらかなりのドロップ弾道。

サバゲに使うにはかなり厳しい。

運用にはこのホップをどうにかしないとですね。

穴開けて直押しするくらいしか思いつきませんが。

まぁそれはまたそのうち!

ばいちゃ!!  

Posted by 鎌ノ介 at 22:54Comments(0)ハンドガン

2015年06月20日

筋トレ

今日は絶好のサバゲ日和でしたね!!
ずっと雨だったから久しぶりの快晴は気持ちがいいものです。

そしてこんなにも素晴らしいサバゲ日和だってのに休日出勤ですよ。


んなことはどうでもいいのです。

近頃ずっと雨だったせいか、また腸脛靭帯炎に悩まされております。


(露出度の高い画像でアクセス数狙ってるわけではありません。念のため)

朝6km、夜10km走るようにしてるんですけど、近頃半分の距離もままならない。

サバゲに行ってもゲーム中はそんなに気にならないけど、夜になってから激痛。

ケアしてもケアしてもすぐまた痛みが出るから困ったもんです。

もうこれはあれですね。

筋力不足。

だったら筋トレすればいいじゃない!!


(露出度の高い画像でアクセス数狙ってるわけではありません。念のため)

運動を控えるとか、そういう消極的な解決法は良くないですよ。

サバゲも筋トレも退かぬ、媚びぬ、省みぬの精神でいきたいと思います。

上半身の筋トレは常にやってるんですけどね。下半身は走ってるからやらなくていいやって感じでサボってました(笑)

そこでスプリットスクワットとスプリットジャンプ(俗に言う屈み跳躍)を筋トレメニューに追加。

これがまた結構効きます。
足が生まれたての小鹿のようになります。

逆に筋肉痛が酷すぎてゲームどころか日常生活すら支障が出るレベル。

これを続けていけばゲームのスタートダッシュも更に速くなれる気がします。

サバゲは銃の性能も大事だけど体力のがもっと大事。

弾が届かなけりゃ届くまで走ればいいじゃない。

銃の飛距離伸ばすより、10m走る方が簡単だし(笑)

話がちと逸れましたがゲームの翌日、筋肉痛に悩まされてる方にもオススメの筋トレです。

是非お試しあれ。  

Posted by 鎌ノ介 at 16:43Comments(2)雑談

2015年05月18日

ローンレンジャー(独りぼっちのレンジ利用者)

狙撃手と掛けまして、独身と解きます。その心は、手○キで充分。

皆さんこんばんは。永遠の手コ○スト、鎌ノ介です。

やっぱね、日本狙撃男児たるもの婦女子なんかにうつつを抜かしてちゃいかんのですよ。

かの日本騎兵の父、秋山好古も言っています。
「結婚をすれば家庭の雑事に煩わされて研究も疎かになり、物事を生み出す精神がぼけてくる。」

そんなわけで「彼女なんかいらないんだもんねー!!うぉぉぉぉ!!」…って毎日毎日トレーニング三昧ですよ。風呂上がりは腰に手をあてプロテイン(ザバス、持久系アスリートへ)ですよ。毎日が男祭ですよ。

でもね、やっぱ家族が欲しいと思ってしまう今日この頃です。

だからファミリーを増やしました。


type96三号機。

予備マグとバイポッド買ったら本体が付属してました。

20mの42mm的に面白いくらい当たるドノーマル96。

面白すぎてレンジで一人、○コキ祭りです。

彼女できるように頑張ろうかな…。

  

Posted by 鎌ノ介 at 22:19Comments(2)type96

2015年05月17日

サバゲのポジション(番外編)



今回はスナイパーの話。

スナイパーの話をポジションの記事にするのもおかしな話ですけど。

スナイパーは人種です。

「ギタリストは職業だけど、ドラマーってのは人種なんだよ」とチバさんも語っております。
あれと同じです。

本当に狙撃が好きな人たちを見てると「この人たちはそういう人種なんだな!!」と本当感じます。良い意味でですよ?

自分の場合、一体どちら側なんでしょうかね。

こちら側ですかね(by ジョーカー)









いきなり話が脱線しまくっております!!

スナイパーの話です。

自分はほぼ毎回スタートダッシュかけるんですけども、闇雲に走ってもなかなか良い塩梅のポジションが取れない。

だからゲーム前に良いポイントを偵察しておくのがとても大事。

これをやるかやらないかでそのゲームがまるで違いますよ。ほんとに。

ただフィールド入って、出会った敵をスコープ覗いて撃ってるのはただのなんちゃってスナイパー。
(偵察してる自分は腕利きのスナイパーだとかほざきたいわけではなく。念のため。)

そのくらいやっておかないとボルトで面白いサバゲってできないと思うんですよね。
(もちろん偵察だけじゃ全く意味ないんですが。)

すぐにわかりやすい結果が得られるとこに手間暇掛ける人は多いけど、偵察したり練習したりっていう結果が出にくいところ、言ってしまえば人が見ていないとこで妥協しない人ってそんなにいないんじゃないかなって。

そういうとこで妥協せず、ゲームでもしっかり結果を出してやっとスナイパーを名乗って良いと思うのです。

自分も自分をスナイパーだと言ってますけど、それは単純にわかりやすいからで、自分はまだまだ「ボルトユーザー」の域を出ていない練習生の身分。

フィールドでギリー着てボルト持ってるだけで「おぉ、宜しくお願いしますよ!」とか言われちゃうと穴があったら入れた、いや入りたい気分です。



日々精進です。  

Posted by 鎌ノ介 at 00:08Comments(2)サバゲ

2015年05月16日

猛烈に狙撃がしたかったのでっ!!



行ってきましたヤネックス!!

午後からだけですけど。

ギリーとボルトだけ持って。

今日はハンドガンいらんべ~(笑)とか思ってたら距離2~3mでやり合うはめに。

しかも2回も。

どんなに軽装でもハンドガンは持って行きましょう。絶対。  

Posted by 鎌ノ介 at 20:05Comments(2)サバゲ

2015年05月16日

真夜中に思うことは。

猛烈に狙撃がしたい!!そんだけ!!


  

Posted by 鎌ノ介 at 01:36Comments(0)雑談

2015年05月15日

マルイ新作

度肝を抜く新作が新次元じゃなくてほんと良かったと安心している鎌ノ介です。

いやむしろ新次元サウンドシステム電動ガンを堂々と発表してマルイさんのぶれない企業姿勢を見たかった。

それにしてもまさかのAA-12。
プレステのパラサイト・イヴ2で良く使ってました(笑)

電動3発発射なんて相手にしたくないですねー。

制圧力も威圧感もあるし、そこらのLMGよりよっぽど分隊支援火器に最適じゃないですか。

初速は普通の電動ガンよりかは低めらしいのでブッシュ抜けにくそうなのが幸い。



そんなことよりM9ですよ、M9!!
やっぱM9はデコッキングできてレールなしじゃないと話になりません。

ベレッタ好きとして待ち焦がれた一挺。

KSCも悪くないらしいんですけどねー。
予備マグの値段考えるとちょっとねー。
どうせKSCのベレッタ買うならM93R買うわ(笑)

まぁとにかくM9が発売されたらセカンダリのメインはM9ですな!!



あ、それからボルトアクションの新作はまだっすかね?

金属パーツ多用したヘカテとか…(笑)
Gスペック並の静音性のデ・リーズルとか…(笑)

  

Posted by 鎌ノ介 at 00:22Comments(0)雑談

2015年05月09日

マルイ、春の新作コレクション。

またいろいろ発表されたようで。

明らかにM92F系だと思われる写真がありましたが、ノーマルフレームのガスブロM92Fだったら間違いなく買いです。

希望的観測ですが、ソーコムに続くサイレンサー標準装備の固定ガス第2弾だったりして(笑)それでもかなり嬉しいですが。
これがM9A1とかだったらいらぬ。
ベレッタとかガバとかシグとか、元からレールのないハンドガンには見た目的にもトイガン的にもレールはいらんのです。


そして皆さん大注目の「度肝を抜く新作」!!

これはずばり「新次元サウンドシステム搭載電動ガン」でしょう!!

これぞ度肝抜かれまくりの新作!!



とりあえずM92FがレールなしのM92Fならそれだけでいいです。
多くは期待しません。
  

Posted by 鎌ノ介 at 00:14Comments(2)雑談

2015年04月29日

命名「あられ」



整理してたら怪しげな煎餅缶を発見!!



高砂あられ!!

開けてみると…

イングラム!!



イングラム in 煎餅缶!!(爆)

懐かしい!!

存在を完全に忘れてた。

ロングマグ4本にサイレンサー付き。

バレルのネジが捻り切れてたけど(笑)

で早速調べたら社外品で金属製が売ってるらしいので早速注文。

ガスブロには良い時期だし、今度サバゲで使ってみようか(笑)

  

Posted by 鎌ノ介 at 12:45Comments(0)ハンドガン

2015年04月19日

マイナー競技というもの。

今巷を騒がせているクロスボウ。

どのニュース番組でも「使う人のモラル次第」とコメントしつつ、それと同時にその威力を過剰に紹介する映像が使われてるのが気に食わない。

モラル次第とかぬかしながら結局恐怖心を煽ってるだけやん。

これで真面目に競技してる人たちはより一層肩身の狭い思いをするはめになるわけです。

もしこれがバットだったら、「凶器にバットが使われました」以上終わりですよ。

バットが危険って発想には絶対にならない。
「バットの威力を瓦割りで実験」とかやらないでしょ、絶対(笑)


やっぱ飛び道具だから危険って発想になるんでしょう。

じゃあ凶器がアーチェリーや弓だったらどういうリアクションになっていたのか。

多分、今回ほど騒がれないし、クロスボウみたいにその威力がいちいち取り上げられることもなかったんじゃないかなと。
競技人口が少ないとは言え、競技としての認識を確立してますから。

クロスボウなんてマイナーで危険な香りのする獲物をメディアがほっとくわけねーんですよ。

ここでエアガンの話になりますが、だったら逆にサバゲも認知度と競技人口を増やしまくり、弓道やアーチェリー程度に競技として認知され、今以上に市民権を獲得できれればエアガンに対する偏見も減るんじゃないっすかね。

…なんてのは理想論で、絶対にそんなことにはならない。

逆に、事件・事故増えてますから。
競技人口が増えれば事故が増えるのは当然。

メディアにとって事故が増えてるという事実だけが大事で、人口云々そんなのは誰も興味なんてないのですよ。
だから規制の動きが出てしまう。

じゃあどうするかっつったら、結局のところ事故を起こさないように細心の注意を払うしかない。
使い手のモラルに頼るしかない。
どっかのクソ野郎に悪用されることがないよう願うしかないのですよ。

願わくば40歳過ぎても今の弾速規制のままゲームをしていたいものです。
  

Posted by 鎌ノ介 at 20:32Comments(0)雑談